続きを読む

続きを読む

続きを読む

不審者・変質者の対応については、特に施設管理権等が及ばない場所や状態では対応の難しい業務です。

 不法行為が確認できない不審者への対応については、

 不適切な対応が後に自身の首を締めることがある難しい対応に迫られます。

 プールにおいての不審者として疑わしい者の行為としては、

 主に盗みを目的とする者と、性的な欲求による者の二通り。

 前者であれば牽制による予防効果が表れやすく、

 その後は実際の被害が発生するかしないかの問題となります。

 しかし、後者となるとかなりの厄介事です。

 周りに与える影響と不法行為が必ずしも一致しないため、対応に線引きをせざる負えません。

続きを読む

続きを読む