アルソック 東日本大震災企業の支援活動 2

 綜合警備保障ことALSOL(アルソック)の東日本大震の支援等活動について続報です。
 企業の宣伝活動に利用していると考える方もいらっしゃるでしょう。
 今回の大震災に関する支援活動では、大手企業の中でも明らかに消極的な姿勢。
 建前で支援活動はしているが内心消極的な思いが見え隠れする企業もあります。
 支援活動を行う為には、費用・労力・それを補えるだけの財務状況等。
 企業側の事情もあり、単純に協力的・非協力的と分けられる内容ではありません。

 
 しかしながら、
 その中で積極的に活動していることは、やはり誇りに思うべきことではないでしょうか?
 アルソックをはじめ、支援活動にあたる全ての方々、本当にお疲れ様です。

 詳細につきましては、
 外部リンク:ALSOKホームページ > ALSOKニュース
 http://www.alsok.co.jp/company/news/
 以下、ALSOKニュースより抜粋
・宮城県内の小学校に楽器を寄贈
・岩手県内の中学校・高等学校に楽器を寄贈
・ALSOK女子儀仗隊ビバーチェによる慰問演奏会実施
 発表日 2011.06.17.
 6月10日(金)および11日(土)、
 岩手県内の学校(釜石市立釜石東中学校、岩手県立高田高等学校)において、
慰問演奏会と楽器の寄贈を実施

 6月22日(水)、
 塩竈市立第三小学校において慰問演奏会を実施予定

 演奏会では、車中等で避難生活を送られる方が発症することの多い「エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)」を予防する簡単な体操なども行う予定

 6月23日(木)、
 石巻市立万石浦小学校において慰問演奏会ならびに楽器の贈呈式実施予定


・ALSOK社員による福島県産農産物の購入について
 発表日 2011.05.25
 被災地および被災者支援の一環として、風評被害で深刻な打撃を受けている福島県産農産物の、社員による購入を奨励することを決定

 以下、福島民報2011/06/09記事
 「白河の野菜詰め合わせ発送 ALSOKグループ社員に」
 綜合警備保障(ALSOK)のグループ会社社員向けの野菜詰め合わせ発送式は8日、福島県白河市のJAしらかわ農産物直売所り菜あんで行われた。
 風評被害に苦しむ本県農家を支援しようと、全国約3万5千人のグループ社員に本県産野菜購入を呼び掛けた。

500件近くの申し込みがあり、第一弾としてJAしらかわが白河地方の野菜を詰め合わせた「白河浪慢野菜BOX」を発送した。
注文がまとまり次第、県内の他JAが順次発送する。
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント