警備員もメンタルヘルスケアが必要なのかな?

 警備員指導教育責任者の立場ですが、突然メンタルヘルスケアの研修を受けるように業務命令が下りました。
 なにか話を聞けば聞くほど、衛生管理者の仕事のような気もすのですが・・・
 しかし、警備先によってはミスの許されない非常に厳しい警備先があるなか、実際に心労による配属転換希望や退職する警備員がいる以上、巡察を行う隊長や警備員指導教育責任者もそういった知識が必要なんですね・・・
 一昔前だと、けっこう図太い人の集まりだった警備業界もいつのまにやら新規学卒者も多くなり、心の弱い若年者もおおいですし。
 時代が変わりましたね・・・
 どんな理由にせよ、警備員として長く勤められないのはもったいないことですので、少しでも改善するといいですね。

 すごい微力ながら、善処致します。
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

No title

単独勤務などはクライアント側の人間からパワハラや
それに近い扱いを受けることも多いです。
警備員というだけで目の敵にする客や通行人も多いのに、
こうなると本当の孤立無援。精神的にまいってしまいます。
私はこの仕事が気に入ってますが、
だからこそ業務に集中できない環境はつらい。
ケアがあろうと評定が下がろうと遠慮したいのが正直な気持ちです。
非公開コメント