振り込め詐欺の犯罪被害状況 平成23年

 平成23年中の振り込み詐欺の犯罪被害について件数が前年より減少。被害額は増加しました。

 この結果、新年度の警備業の雇用に影響があるかもしれません。
 この問題を見てふと思うことは、

 この振り込め詐欺等の犯罪対策にあたり、

 警備会社に委託された振り込み詐欺業務があります。

 この業務、2008年のリーマンショック等の世界同時不況が発端となり開始された

・ふるさと雇用再生特別基金事業

・緊急雇用喪失事業

 が基ととなっていたかと記憶してます。


 これら雇用対策事業が今年の3月で終了となります。

 全国でこれらの雇用事業に従事する人は多の多くは、

 事業終了に伴い失業を迎えるのかもかもしれません。


 しかし、実際が犯罪が多いことを踏まえ事業の継続と、継続による抑止効果を期待したいですね。


以下 警察庁発表数値
平成23年中
手  口  認知件数  被害額
・オレオレ詐欺   4,628件   約89億7,442万円
・架空請求詐欺   798件   約11億8,108万円
・融資保証金詐欺  523件    約7億2,084万円
・還付金等詐欺   306件    約2億5,788万円
・合  計      6,255件   約111億3,422万円
 (事後ATM引出額~約16億4,757万円)


過去の振り込め詐欺の被害発生件数・被害額
・平成19年 17,930件・約251億4,242万円
・平成20年 20,481件・約275億9,439万円
・平成21年  7,340件・約95億7,912万円
・平成22年  6,637件・約82億1,361万円
・平成23年  6,255件・約111億3,422万円


参考資料:警察庁 振り込め詐欺の被害発生件数・被害額
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/higaijoukyou.html
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント