平成26年施設警備員労務単価、警備員の全ての区分で微増となりました。

平成25年11月28日、

国土交通省より平成26年度 建築保全業務労務単価が公表されました。

全国平均で、
警備員A 12,760円(前年 12,430円)前年対比 +330円
警備員B  9,900円(前年  9,650円)前年対比 +250円
警備員C  9,390円(前年  9,150円)前年対比 +240円
各警備員種別において、何れも増額となるも、

同時に公表された他の業務と比較して、

増額された額が小さいものとなりました。

また、今回の公表でこれまで最高額であった愛知県にかわり、

東京都の労務単価が最高額となりました。


他の業務との金額差がもとより大きい中、

増額された額が小さかったことにより、

他の業務との差額が大きくなる結果となりました。


参考ページ:国土交通省>報道・広報>報道発表資料

>平成26年度建築保全業務労務単価について

ページ内:平成26年度建築保全業務労務単価(PDF形式)PDF形式
https://www.mlit.go.jp/common/001020210.pdf



更新したページ:警備員の道 > 警備業

 > 施設警備員の建築保全業務労務単価
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント