警備員の不祥事 ATM2100万円窃盗容疑で逮捕 兵庫県姫路市

 平成26年1月9日 兵庫県警はJA兵庫西旭陽支店のATMから現金を盗んだとして、

 通報した元警備員の男ら2人を窃盗の疑いで逮捕しました。
 警備員の不祥事は大小あれど、

 特に業務中においてその顧客に対する不祥事については、

 警備業・警備会社の信頼を揺るがす非常に大きな事案であり、

 残念でなりません。

 警備業に限らず様々な職種において、

 内部による不祥事発生を防止する取組は非常に難しいことですが、

 他山の石として再発防止に役立てばと思い取り上げました。



・事件の概要
 平成26年1月9日午前3時頃、JA兵庫西旭陽支店の現金自動受払機(ATM)の侵入警報に駆け付けたところ、 男2人に脅され現金2100万円を強奪されたとして、通報していたもの。

 兵庫県警は、元警備員と共犯の男の2名を窃盗容疑で逮捕。
 元警備員は、被害者を装って110番に通報していた。
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント