ウォータースライダーで事故 5歳男児が足指切断

 平成26年8月20日

 長野県の宿泊施設において

 プールのウオータースライダーで男児が左足の小指を切断する事故が発生しました。
 平成26年8月20日午前11時50分ごろ、

 長野県阿智村智里の宿泊施設において、

 施設のプールのウオータースライダーを滑っていた

 5歳男児が左有の小指を切断する事故が発生しました。

 事故は、 

 スライダーの滑走部(繊維強化プラスチック製)

 半透明の屋根(アクリル樹脂製)

 との接合部にひかかっとみられるとのことです。


 事故については、

 安全管理について警察が調べています。



 本件のようなスライダー等の事故の内、

 滑走部異常(プラスチック等の劣化)による裂傷等の事故は、

 滑走による勢いと素肌が直接触れることで大きな怪我となり、

 営業前に欠かすことが出来ない重要な点検項目の一つです。

 本件の事故では構造上の問題もありますが、

 営業前の安全点検で事故につながる恐れがないかを確認する。

 ということを再度考えることが必要ではないかと感じます。

本年の主なプール事故については、
 プール監視の道 > プール監視の歴史
 > 水難事故の発生件数
  > 平成26年プール事故事例の一覧
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント