平成23年7月に神奈川県大和市の幼稚園プールにて発生した男児の死亡事故について

 平成23年7月11日に神奈川県内の幼稚園で発生し、

 先日、当時の管理者であった幼稚園の元園長の無罪が確定した死亡事故。

 事故に関する原因調査報告書が消費者庁より公表されています。
 本件の事故の判決について、

 新人であった担当教諭の罰金刑に対し、

 管理者側の管理責任について無罪判決が確定しました。


 幼稚園における幼児のプール利用に関する監視行為にあたり、

 1名による監視が適切であったのか?

 新人教諭に関する教育と配慮が適切であったか?

 救急処置の実施及び、救急要請に関する体制は十分であったか?
 (事故発生時、救急要請までに時間があった。)

 など様々な点で関心が大きい事故であり、

 判決について様々な意見・思いが残ります。

 詳しくは、
 プール監視の道 > プール監視の歴史 > 水難事故の発生件数
  > 大和市の幼稚園プール死亡事故の概要 
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント