平成28年度施設警備員労務単価が公表。警備員A-240円、B+170円、C+20円

平成27年12月7日、

国土交通省より平成28年度 建築保全業務労務単価が公表されました。

全国平均で、
警備員A 12,550円(前年 12,790円)前年対比 -240円
警備員B 10,640円(前年 10,470円)前年対比 +170円
警備員C  9,470円(前年  9,450円)前年対比 + 20円
警備員Aにおいて、前年比-240円(-1.88%)

警備員Bにおいて、前年比+170円(+1.62%)

警備員Cにおいて、前年比+ 20円(+0.21%)

大幅な変化が見られないものの、

一時の低単価と比較して、

安定した労務単価が維持される結果となりました。

管理人こと、

とある警備員指導教育責任者の所感として、

公表された単価について、

未だ実際の施設警備員との待遇に差を感じるものですが、

持続的に単価の上昇、または維持されることにより、

実際の警備員待遇が労務単価に近づくよう、

生かされることを期待したいものです。


更新したページ:警備員の道 > 警備業

 > 施設警備員の建築保全業務労務単価
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント