平成27年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」 警備業界から2名が受賞

 平成28年1月12日  厚生労働大臣より

 警備業から2名の方が優れた技能と経験を持ち、

 担当する現場や部署で作業の安全を確保して優良な成績を挙げた職長として

 「安全優良職長」として受賞しました。
 平成27年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」では、

 優れた技能と経験を持ち、

 担当する現場や部署で作業の安全を確保して優良な成績を挙げた職長として

 132名を顕彰。


 警備業関係者は次の2名、

 株式会社 全日警 東京中央支社 星 周一

 株式会社 兵庫警備保障 宮崎 智惠子

 心よりお慶び申し上げます。


 管理人の所感として、

 警備業は各警備施設に分かれて業務を行うため、

 各警備施設毎のリスク管理が必要なこと。

 また、

 警備現場等の安全衛生体制に十分に組み込まれないこと等から、

 日頃より安全衛生に関する意識が育ち難いと感じることが多いです。

 今後の安全意識等の向上につながるよう、

 各警備会社にも取組が浸透してもらいたいものです。



詳しくは、厚生労働省 > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月
> 平成27年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」受賞者を決定しました
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント