全国警備業厚生年金基金が解散 平成28年9月23日

 平成28年9月23日

 全国警備業厚生年金基金は厚生労働大臣の認可を得て解散しました。

 解散認可9月23日までの支給案件について平成28年12月28日までに請求を受付。
 先より案内されていた警備業厚生年金基金の解散について

 平成28年9月23日に正式に解散認可を得て解散となりました。

 解散に伴い加入員・年金受給者等に解散に関する案内が送付されています。


 案内内容については、

 当初からの予定の通り、年金は国に引き継がれ国の支給基準に基づき支給されます。

 基金に加入により本来受け取れるプラスアルファ部分は消滅し、通常の厚生年金に加入していたものと同額となります。

 未請求の結婚祝金、施設利用補助金、死亡弔慰金などがある場合、解散認可日までのものは引き続き支給されます。

 支給受付の平成28年12月28日まで請求が可能となっています。 


 詳しくは、警備員の道 > 警備員とは > 警備会社の福利厚生 >

  全国警備業厚生年金基金
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント