平成28年警備業の概況を公表 警察庁 警備業者数が92業者増加

 警察庁は、平成28年における警備業の概況 を公表
 警備業者 9,434業者
 警備員数 543,244人
 売上高 3兆4,236億
 売上高は、一般社団法人全国警備業協会加盟分8758業者
 警察庁は平成28年における警備業の概況 を公表

 警備業者 9,434業者 前年対比0.9%増
  前年   9,342業者

 警備員数 543,244人前年対比0.9%増
  前年   538,347人

 売上高 3兆4,236億(一社全警協加盟分8758業者) 前年対比2.0%増
  前年  3兆3,546億円(一社全警協加盟分8689業者)
 

 警備業法の改正により警業者が淘汰、減少した平成19年の8,924社以降の増加傾向が今年も継続。

 警備業者、警備員数、売上高が前年対比で増加しました。

 警備員不足が深刻となる中ですが、今後の産業規模拡大が期待できます。

 警備業の推移等については、


 警備業の推移等については、

 警備員の道 > 警備業 > 警備業界の動向

  > これまでの警備業界の動向(歴史)
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント