現金輸送車の構造と防犯設備

現金輸送車の構造
 ネットで「現金輸送車」を検索してもその構造や防犯設備について紹介しているサイトは、車両の改装を行う商用目的が中心の為、あまり実態に即していない気がします。
 そこで実態に即した現金輸送車の構造を紹介しました。
 現在、実際に業務で使用されているる車両は、
 ワンボックスタイプ、銀行の行員を同乗させる4ドアハッチバックタイプ。
 現金と言っても、過度の重量がかかる硬貨専用車など様々です。
 警備会社の現金輸送車は、大きな車両と看板。
 目立つ警備員の存在から看板としての宣伝効果も大きいものです。

 そんな警備業務ですから、現金を輸送していることの秘匿性が確保できないといった矛盾ももっています。
 しかし、やはり警備というと現金輸送車のイメージが大きく、その現金輸送を行う警備員は花形で誇りをもって実施してもらいたい代表的な警備業務ですね。
 現金輸送車の写真をいくつか掲載しましたが、見えないところにいろいろついてます。
 しかし、防犯上の理由から写真での紹介はできませんので。

 警備員の道 > 護身用具・装備品・服装 > 警備員の資機材 > 現金輸送車の構造
 https://keibiin.net/siki-gen.html
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント