警備員の犯罪件数

警備保障新聞の「警備員の犯罪多発を憂う」という見出しの社説に目が留まりました。

全国の犯罪認知件数が減少のなか、警備員の犯罪は減少していないようです。
平成17年の警備業法改正により、
規制の強化。資格者の義務化。
教育の強化等により向上が目指されました。

この警備業関係者としては徐々にではありますが、低品質低価格業者の淘汰。
資格者配置の義務化により、一定の知識を有する資格者の比率が増え、質の向上傾向にあると実感していただけに、この記事のショックは大きいです。

改めて、警備業の改善は先が長いと感じる今日この頃です。めげずにがんばろう。

警備員の犯罪状況(警備保障新聞記事からの抜粋)
・平成17年 775件
・平成18年 629件
・平成19年 791件
・平成20年 786件
・平成21年 874件
関連記事

コメント

No title

正直な話、むべなるかなといった印象です。
雇用条件が悪すぎて、他業種を選べる人はそちらに就きますから。
警備に集まるのは、他では採って貰えなかった人ばかり。

もちろん警備員が犯罪などと、あってはならないことです。
でも現実に警備に携わっているのは
「他の仕事に就けなかったからやむなく」という人が大半。
プロ意識など望むべくもありません。
人並みの生活をするのに厳しい収入しかなければ、
むしろこうならないほうが不思議と言いますか。

職に特化した資格を持つ人間が他業種の新人バイトにも
劣る時給しか貰えないなんて、他では聞いたことがありません。
安かろう悪かろうの警備会社の淘汰はもちろんですが、
日本人の「安全はタダ」という意識が覆り、
警備にも相応のコストが割かれて給与に反映されなければ
この状態は改善されないでしょうね。

No title

警備員の数は50万人ともいわれている.この中に1000人の犯罪を犯すかも知れない人がいると0.2%.1000人の警備員を抱える会社には2人の犯罪を犯すかも知れない人がいることになる.会社が正社員と認める態度.警備業が接客商売であるとの自覚を持って教育する.それと,誰が見てもあいつは誰が採用したんだという人がいますね.犯罪する人の資質も否めませんが社員の環境整備でしょう.余談ですが,警備員二名を発見,一名は現場監視員で歩行者が前を通っても現場監視を止めません.一名は,歩行者に声をかけ作業者に声をかけ忙しく動き回っていました.現場監視員の前を通ろうとしたとき,いきなり大きなあくび.現場監視ご苦労さん,結局は会社なんだな原因は!!
非公開コメント