警備業の新型コロナによる影響と感染予防対策ガイドライン

 警備業に新型コロナウイルス感染症による影響は、政府の緊急事態宣言に関連する自粛の影響は、他の産業と同様にゴールデンウィーク等のイベントの中止。図書館等の公共施設。遊園地、映画館などの興行場などの休業により、施設に勤務する施設警備員や臨時的に実施される駐車場等の誘導に従事する予定であった警備員が休業となりました。
 今後も感染予防による生活スタイルの変化と、影響を直に受け業績が悪化した企業の倒産などの余波により影響が長期化ことが見込まれています。

続きを読む

続きを読む

新型コロナウイルス感染症に関する各種支援等

 新型コロナウイルス感染症により、オリンピック等の延期をはじめ様々な影響を受ける警備業。警備先の閉鎖等により休業を余儀なくされている警備員。売り上げが大きく落ち込むなど経営に大きな影響を受けている警備業者も多い状況が続いています。
 これらによる影響を軽減させるため、新型コロナウイルス感染症に関連した支援等を活用するなど警備員及び警備業者の経営安定が望まれます。

続きを読む

続きを読む

コロナウイルスによる警備業への影響 興行関連の業務が大きく縮小する見込み

 コロナウイルスによる感染拡大が広がる中、様々な分野での影響が日々大きくなっています。
 警備業においても2月に千葉県において警備員の感染も確認されました。また、警備先である空港や駅。病院等の施設警備現場への直接的な影響。
 各種イベント及び興行場の休業。公共工事等の工事の先送りなどにより業務が大きく縮小しています。

続きを読む

スポンサーリンク