2022年の最低賃金が加重平均31円引き上げ。全国加重平均額で961円

 2022年10月からの最低賃金が大幅な引き上げられ全国の引き上げ額は30~33円。
 最高額が東京都で1,072円、最低額が青森など10県で853円となりました。
 実態として低賃金が多い警備業において、最低賃金の大幅な引き上げは直接影響を受ける者も多く、その影響は大きなものです。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

続きを読む

令和3年度建築保全業務労務単価 警備員A・B・Cが1.65%~1.71%増加 国交省

2020年12月10日 国土交通省は、令和3年度建築保全業務労務単価を公表。
 全国平均 
 ・警備員A 14,180円 230円増(+1.65%)
 ・警備員B 12,100円 230円増(+1.94%)
 ・警備員C 10,700円 180円増(+1.71%)
 全国平均で3区分全てが増加(微増)となりました。
 労務単価の推移としては、警備員Aで5年、警備員Bで8年、警備員Cで10年連続での増加が続いています。

続きを読む

フリーエリア