警備業の熱中症死傷者110人。内3人死亡。2018年職場における熱中症による死傷災害の発生状況 厚生労働省

 2019年5月17日 厚生労働省は、平成30年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)を公表。
 2018年における熱中症の死傷者数1,178人。内、死亡者数28人。2017年と比較して死傷者数で2倍超え。死亡者数で2倍と大きく増加しました。
 また、警備業における熱中症では、業種別死傷者数で110人とワースト5位。死亡者数で3人とワースト4位と深刻な状況となりました。

続きを読む

続きを読む

警備員不足の中、インフルエンザの予防接種は業務継続に有効な手段です。

 毎年冬に流行するインフルエンザ。

 感染・発症による警備員の欠員や、警備員同士の集団感染は業務に深刻な影響を与えます。

 また、大流行となった時には室入管理等の警備業務が多忙となることも予想され、大流行となる前に警備業者として備えておくことは、より良い警備業務の遂行に有効となります。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

スポンサーリンク