警備員不足の中、インフルエンザの予防接種は業務継続に有効な手段です。

 毎年冬に流行するインフルエンザ。

 感染・発症による警備員の欠員や、警備員同士の集団感染は業務に深刻な影響を与えます。

 また、大流行となった時には室入管理等の警備業務が多忙となることも予想され、大流行となる前に警備業者として備えておくことは、より良い警備業務の遂行に有効となります。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

続きを読む

続きを読む

スポンサーリンク