ノロウイルス対策の準備を・・・

 記事としては出遅れ感がありますが、ノロウイルスが流行を取り上げます。
 これから年末年始にむけて警備業は忙しくなりますね。
 業務の多忙となる時期にノロウイルスの蔓延は特に避けたいものです。
 警備員の代替が容易でない部署においては、特にノロウイルス発生に対する感染対策を確認し、警備員間での伝染に最新の注意を払わなければいけませんね。

続きを読む

警備員資質向上の教育や問題点

 警備員の不祥事が目につきます。と、世間で思われているかもしれません。実際そのようなニュースをよく見かけます。 しかし、警備員に限らず、警察官。銀行員。どの業種でも不祥事はあります。
 そうはいっても、やはり自分の業種のでの不祥事が起きないことを願っています。
 願うだけでなく、警備員指導教育責任者として、企業人として悪戦苦闘の日々を送っています。

 待遇が悪い。業界が悪い。会社が悪い。社会が悪い。不平不満や殺伐とした答えを除くと、警備員の資質向上関して、どういった方法が良いのか。また、何が問題なのか。現実的に取り組める施策は何か。整理された情報は少ないです。 改善にむけ警備業を問わず、資質向上を指導教育する担当による情報を共有する機会が欲しいと感じる今日この頃です。

 というわけで、自分なりの警備員の資質向上に向けた施策をホームページに紹介しました。

続きを読む

保安警備検定資格の必要性

 万引き犯の強盗傷害事件が相次いで起きたそうです。
 先日、このブログで警備員検定資格の配置基準見直しの動きの中で保安警備の資格制度の検討がなされていることを紹介しました。
 万引き等に対して行う保安警備は、通常の警備と異なり特に人権に配慮が必要など特異な要素があります。
 とは言え、自分は資格制度を開始するほどの必要性を正直感じていませんでした。
 しかし、万引きといえど傷害事件を含む凶悪化がすすむのであれば、警備員の安全対策を進めなければなりません。
 それに見合う警備料や待遇改善を推し進めなければなりませんね。

続きを読む

守秘義務の法律や対策のページを作成

 守秘義務対策とってますか?警備員が、顧客先で知り得た情報を口外してはならない守秘義務が当然にある。という、話ではありません。
 警備業をとわず、様々な業種において従業員や職員が知り得た情報の内、営業秘密や個人情報。その他、口外してはならない秘密がたくさんあります。
 守秘義務を会社として守るためには、様々な予防策が必要であるととも、従業員の処罰には就業規則の懲戒処分だけでなく、法律上裏付けも必要です。
 警備員の道 > 警備員の教育内容 >警備員の守秘義務
 https://keibiin.net/kyo-syuhi.html

続きを読む

APEC会場警備員がナイフ所持逮捕事件の経緯について

 先日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の会場で警備員が違法にナイフを所持していたとして逮捕される事件がありました。この事件に関し、APECという社会的に重要な場面で、ましてその警備を行う警備員側に不法行為があったことは非常に大きな問題です。
 落胆した同業者。
 問題となった警備会社を批判する方も多いでしょう。とある警備員指導教育責任者も、警備業界の信用低下をまねく事件であり、大変遺憾に思うところです。

続きを読む

フリーエリア