火災により駆け付けた警備員が死亡 神奈川県の合同庁舎

 2018年1月23日、

 神奈川県川崎合同庁舎において火災センサーにより駆け付けた警備員が死亡しました。

 警備員が駆け付けた当時、周辺約130軒で停電が発生し、この合同庁舎も停電中でした。
 2018年1月23日午前2時10分頃、

 神奈川県川崎市 神奈川県川崎合同庁舎より出火。

 電気室約0.5平方メートルが焼け、約1時間で消し止められました。

 火災センサーにより駆け付けた30代の警備員が煙を吸い込む等して搬送先病院で死亡が確認されました。



 残念ながら報道内容では詳細な状況が知ることが出来ないため、管理人の勝手な想像となります。

 本件の内容からみて、おそらく機械警備において火災警報を受信し、警備員が出動。

 到着した警備員が現場確認の際、煙等に巻き込まれたのでないか?と思われます。


 巻き込まれた原因の推察として、

 ・火災が電気室のみと火災の規模が小さかった
  →外観、外周点検等において火災としての真報(火の気)と判断することが出来なかった
  →火災規模が小さいことから初期消火が可能と判断し、初期消火の際に煙に巻き込まれた

 ・当該施設及び周辺が停電していた
  →周辺が暗く、外観、外周点検等において煙等を目視し難かった
  →現地の照明等が使用できず、発見が遅れて煙に巻き込まれた

 ・電気室のため二酸化炭素消火設備と仮定すると・・・
  →二酸化炭素消火設備が設置されていたのであれば、同設備の存在を警備員・警備会社が把握していなかった
  →警備員等が同設備の危険性を認識せず、不用意に近づき意識を失った

 ・周辺の停電で出動要請が多数重なっていた
  →停電により警備員の出動件数が増加したことにより、焦りにより出動時の確認手順が疎かになった

 ・停電中に発生した火災のため、火災信号が誤報という思い込みがあった
  →停電に伴う火災信号という思い込みから、誤報という先入観を元に現地確認を行い、現地確認の手順が疎かになった

 などが思い当たります。


 機械警備において警備員が駆け付けとき、警備員自身が危険に巻き込まることがないよう、安全な方法による現場確認の徹底。

 建物設備や構造などの情報の把握。


 機械警備において単独で行動する警備員が多い中、危険に巻き込まれない安全な警備実施が必要であることを痛感させられます。

 同種の事故が発生することがないよう、日頃から危険性を考慮した行動を常としなければなりませんね。


 末筆ながら亡くなった警備員のご冥福をお祈りいたします。

 
 この他の警備員の重大労災事故については、

 警備員の道 > 警備業 > 警備会社の安全衛生

 > 警備員の死亡労災事故(重大事故)事例
 https://keibiin.net/keibianrou.html
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク