東日本大震災より13年 LINEヤフーの検索にて寄付が行われるチャリティーが今年も実施されています。

 震災から例年行われているヤフー、LINE検索により寄付されるチャリティー企画が今年も実施されています。
 今年で13年となる3月11日。ヤフーとLINEでは、「3.11企画 これからも、できること。」と題して、検索することでLINEヤフーから一人につき10円を東日本大震災や能登半島地震のために寄付されます。
 東日本大震災より13年となるこの3月11日。
 みなさまはどのように過ごされたでしょうか?私は未だに報道等を見るたびに胸が苦しくなります。
 また、東日本大震災以降に発生した地震や豪雨等災害。本年元旦に発生した能登半島地震などの災害に対し、皆が向き合い、助け合うことが大切であると感じさせられます。

 LINEヤフーが震災より毎年行っているこのチャリティー。
 昨年(2023年)は1,251万人がこのチャリティーに参加し、震災から12年がたってなお多くの参加があったそうです。

 本年は能登半島地震。更に関東で発生してる地震により、これまで以上に震災に関する意識が向いているのではないでしょうか?
 能登半島地震では道路の寸断により支援が遅れるといった半島特有の防災の弱さが露見する。また隆起により津波計が正しく動作しないなど、これまでにない多くの問題が発生しました。

 震災という大きな災害では、想定を超えたことが起きるということ。このような災害に備え、日頃から防災のため最低限を凌ぐ備えが必要であると感じさせられます。

 「3.11」というキーワードは東日本大震災を風化させるだけでなく、今後予想される災害に目を向けるなど、非常に大きな意味を持つ単語となっているように感じます。
 日々の生活の中で、防災など真摯に向き合い、自らを振り返る大切な機会としてぜひご参加ください。

 特設サイト(外部リンク):
 3.11 これからも、できること。| Yahoo! JAPAN / LINE
 https://www.search311.jp/
 対象期間:2024年3月11日0時00分~23時59分
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント

フリーエリア