2024年3月(令和6年3月)からの設計労務単価 交通誘導員A6.4%、B7.7%の増額

 国土交通省は2024年(令和6年)3月からの設計労務単価を公表。
 交通誘導員Aで全国平均単価16,879円(前年15,864円)
 交通誘導員Bで全国平均単価14,504円(前年13,468円)
 交通誘導員A・Bともに6%超えの大幅な増額となりました。
 2024年2月16日、
 国土交通省は2024年(令和6年)3月からの設計労務単価を公表。
 ・交通誘導員A
 交通誘導員Aで全国平均単価16,879円(前年15,864円) 6.40%の増額
 ・交通誘導員B
 交通誘導員Bで全国平均単価14,504円(前年13,468円) 7.69%の増額

 公表された設計労務単価では、
 ・最近の労働市場の実勢価格を適切・迅速に反映
 ・4月から適用される時間外労働の上限規制に対応するために必要な経費を反映

 全国全職種(51種)単純平均で対前年度比5.9%
 主要12職種で6.2%の引き上げとなり、交通誘導警備員の引き上げは他の職種平均よりも大きいものとなりました。
 また、交通誘導警備員Aでは13年連続の上昇。交通誘導警備員Bでは12年連続の上昇となりました。


 設計労務単価に明記された事業主が負担すべき人件費(必要経費分)を含む価格では、
 ・交通誘導員A
 16,879円(全国平均)+6,920円(16,879円×41%)=23,799円
 ・交通誘導員B
 14,504円(全国平均)+5,946円(14,504円×41%)=+20,450円

 今度の更なる上昇と、実際に勤務する警備員の待遇改善に反映されることを期待したいですね。

 交通誘導員の労務単価の推移については、
 警備員の道 > 警備業 > 警備員の公共事業労務費調査
  > 交通誘導員 公共工事設計労務単価一覧表
関連記事
お役にたてましたなら、応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

コメント

非公開コメント

フリーエリア